バイクを売る際には廃車手続きが必要

バイクを売る時には手続きが必要だって知っていましたか?
手続きは知らないから面倒なんです!知っていれば手続きは簡単です。

バイクの廃車手続きについて

バイクを売る時には、バイクの「廃車手続き」が必要です。
廃車と言っても、バイクを捨ててしまうわけではありません。

誰かにバイクを譲る場合は、名義変更が必要になります。
名義変更は廃車手続きで行うことができます。
つまり、廃車手続きは「バイクを手放す」という意味で必要になるのです。

廃車手続きができる場所は、ナンバープレートを管理している役所です。
「横浜」ならば「神奈川県」、「渋谷」なら「東京都」になります。

でも、いちいち廃車の手続きに遠くまで行かなければいけないのはめんどうですよね?
神奈川ナンバーでも四国に住んでいることもありますし、どうにかならないのでしょうか。

多くの場合は、買取業者が無料で廃車手続きを代行してくれます。
書類の注意事項にだけ目を通してもらって、あとは業者がやってくれるのです。

大手業者であれば、どこでもやってくれるのではないでしょうか。
人気の理由には、手続き代行でめんどうが少ないというのも含まれるでしょう。

なお、廃車手続きはバイクを捨てる時にも行わなければなりません。
事故でスクラップになってしまったら手続きが必要になります。
万が一ということがありますので、覚えておくと良いでしょう。