時間帯や天気が査定に影響するの?

ちょっとずる賢い方法で、バイクが高く売れる時があります。
たとえずる賢くても、せっかくなら高く売れた方が良いです。

バイクを高く売るために頭をひねった考えで査定に臨む方法を教えます。

バイクが高く売れるずる賢い時間帯について

あなたはバイクが高く売れるずる賢い時間帯があるのを知っていましたか?
実は、朝売るよりも夜売った方がバイクは高く売れます。

朝でもできるだけ暗い車庫などで査定を行ってもらえば良いです。
ですが、朝の場合は、バイクを外に出してくださいと言われる可能性が高いです。

では、なぜ夜間にバイクを査定してもらえば良いのでしょうか。
夜間はバイクのキズが少し目立ちにくいです。

細かい傷でもたくさんついていれば減額されることがあります。
100円でも値段を上げたいと思っているのなら、薄暗い方が有利になるでしょう。

もちろん真っ暗なところでバイクの査定は行われません。
なので、薄暗いライトがついている車庫などで行ってもらうのが良いでしょう。
白熱灯など、明るめのライトがあるところでの査定はしない方が良いです。

事故を起こした時の修復歴は、大きな減額に繋がってしまいます。
薄暗いところで査定をしてもらうと、修復したことがわかるキズでも、見えにくくなります。
「修復歴があるけど大したキズではない」査定員はそう思うことがあります。

バイクが高く売れる時間は「夜」です。
できるだけ夜に近い時間帯に査定を行ってもらいましょう。

バイクが高く売れるずる賢い天気について

晴れ渡る空の下でバイクの査定をすると、バイクのキズが太陽に反射してとても目立ちます。
キズがあるところは光の屈折具合が他とは異なるので、とてもハッキリ見えてしまうのです。

ところが、雨の日に査定を行ってもらうとどうでしょう。
ワックスをかけたわけではないのに、雨がバイクを輝かせてくれるのです。

また、雨は小さな汚れを一時的に洗い流してくれます。
雨が降った後に放っておいてしまうと汚れになりますが、
雨が降っている日ならむしろ雨は良い方向へと働いてくれます。

雨の日に査定を行うと、もしかしたら買取価格が少し上がるかもしれません。

これらの方法を使う時の注意点

これらの方法は、あくまで少しだけ買取価格を上げられる可能性がある作戦です。
査定員はプロですが、細かいところをおまけしてもらうだけの効果しかありません。

この方法を使う時は、「もしかすれば高くなるかも」と思っておいて欲しいです。
もし、あなたのバイクに修復歴がある場合は、やってみると良いでしょう。

例え少ししか値段が上がらなくても、やるのとやらないのとでは大きな差がでます。
中古パーツ一つ分、カー用品一つ分くらいは買取価格が上がるかもしれません。

査定員に大きな見逃しがあった場合は、考えていた額よりも値段が上がることがあります。
査定員も人なの減額対象を見逃すことがあります。
見逃してもらえるような錯覚効果として、実践してみて欲しいと思います。