信頼関係が大切

バイクを売る時にしてはいけないことがあります。
買取業者に嘘をつくことは絶対にしてはいけません。

バイクを売る時の注意事項を紹介したいと思います。

バイクを高く売りたいなら嘘はつかない

バイクを高く売りたいのなら、嘘は絶対につかないでください。
修理歴があるのにも関わらず、ないというのは絶対にだめです。

査定をする人はプロですので、修理歴を誤魔化すことはできません。
事故を起こしたバイクなのであれば、しっかりと申告するようにしましょう。

壊れてしまったものは仕方がありません。
隠そうとしてしまうと思わぬ減額に繋がってしまいます。

査定をする人がプロなら、バイクを引きとる業者もプロです。
よっぽど壊れていなければ、なおすことは簡単にできてしまうのです。

壊れた部分を隠そうと修理をしてしまうと、余計にお金がかかってしまうこともあります。
なので、買取価格が下がる覚悟で正直に破損を伝えていきましょう。
もしかすると「これくらいなら大丈夫です!」と通常買取価格で買い取ってもらえるかもしれません。

ちょっとした工夫として、夜に査定をしてもらう、雨の日に査定をしてもらうという工夫があります。
ただ、それはプロの目を誤魔化すためではなく、よりキレイに見せるための工夫です。
「雨が降る夜に査定してもらって、修理歴を言わなければ高く買い取ってもらえる」
そんなことはありませんので、あくまで工夫と思っておいてください。

信頼できる業者に買取を頼みたいのなら、こちらも信頼してもらえるようにしましょう。